カードローンで限度額が下がる事を食い止めるには

銀行が提供しているカードローンですが、銀行側から限度額を下がる時があります。一番多いのはカードローンの支払い額に遅れが出た場合にペナルティーとしてカードローンの限度額が下がるパターンです。利用限度枠にもよりますが、最初は10万円程度下がる場合がほとんどです。最初はそれでも良いですが、繰り返すと限度額がほとんどないくらいまで下がる時もあります。一回下がった限度額はなかなか回復しないです。
しかしカードローンの限度額の減少を最小限に食い止める方法はあります。支払に遅れが出そうになった場合にはカードローンを運営している銀行のカスタマーサービスセンターの担当者に事前に電話をして、いつまでにいくら支払えるのかを具体的に伝える事です。カスタマーサービスセンターは事前に電話があると極力その日までは待つようにします。利用者が指定した曜日までにきちんと支払うと、利用限度額の減少を最小限で食い止める事が可能な場合があります。万が一その日までに支払いがないとかなり限度額が下がる可能性があることには注意が必要です。
最初であればそのような対応も可能ですが、2回目以降は難しくなる可能性が高いことも頭に入れておく必要があります。
カードローンの支払いに遅れないためにもおまとめローンの審査基準を満たせるのであれば切り替えをおすすめします。